不動産の価値を見極める不動産鑑定士の役割

>

難関資格で希少価値の高い不動産鑑定士の仕事

客観的な立場で不動産本来の価値を提示

あなたの住宅を売りに出すとしたら、適正価格はいくらぐらいになるか予想は付くでしょうか?
不動産仲介サイトなど参照して、実際の取引価格から予想するとして、そもそも取引価格自体に正当性はあるのでしょうか?

もしかしたらバブルで一時的に高騰した価格で取引されているかもしれません。
そういった価格を参考にしていても、いざ売り買いするときや住宅を担保に回すときなど重要な交渉の局面が発生したとき、当初の想定通りに話を進めることが可能でしょうか?

不動産本来の価値を求めること自体が極めて専門的であり、一般の方々の持ち合わせている指標だけでは困難であり、様々に絡み合う細かい要素まで考慮に入れて算定する必要のある、社会的意義の高い仕事であります。
時勢に寄らない普遍的標準的な価値をデータとして残すことで、その他不動産に関わる様々な交渉事を円滑に進める重要なツールとなるのです。

不動産鑑定評価書を作成する

時勢に寄らない不動産の標準価格というものがこの世に存在することが分かりました。
だからと言って、例えばあなたがこれから住宅売買の取引に臨むことになったとして、不動産の標準価格を自分で調べてメモしておけば、安心して交渉を進めることができるでしょうか?
何かあったとき、反論されたり、意見に対する根拠提出を求められたとき、自信を持って提示できる材料はあるでしょうか?

ハンコ付きの書面が一発あるか無いかで交渉事が有利になるか不利になるかを左右するような書類がもしあるとすれば、そのような書類を取り寄せたくなるでしょうか?
不動産の売買では交渉によって数百万円の差が付くことはザラです。
手間や費用が多少かかっても真剣に取り寄せを検討したくなると思います。

不動産鑑定評価書がまさに該当する書類なのですが、不動産鑑定士の業務にはこうした書類の発行も含まれるのです。