不動産の価値を見極める不動産鑑定士の役割

>

公的機関からの依頼に応える

相続での財産分割を円滑にする

仮に両親のどちらかがお亡くなりになられて、兄弟で遺産を相続するときにお金だけではなく不動産も含まれていた場合、どのような配分で遺産を分割するのが適切でしょうか?
不動産を金銭に換算したときに一体いくらになるのか、アバウトに決めて納得する内容でしょうか?
数百万円単位で、自分が相続する金額が上下するかもしれないのです。

こんなときにお互いが納得せざるを得ないような不動産の価値を提示する資料なりアドバイザーがいないと、話し合いでの解決が一向に進まず泥沼化するといった事態も起こり得ることは想像に難くないでしょう。

まさにこうしたときに、不動産鑑定士の仕事により、不動産の本来の価格は一律いくらであるという指標が存在してくれることで、お互いが納得して円滑に遺産分割を進めることに繋がります。

課税の基礎となる不動産価値の提示

相続税や固定資産税を支払う際にその基準が市区町村ごとに異なっており、自分の地域が割高で課税されていたとしたら、どんな気持ちになるでしょうか?
特に固定資産税は毎年数十万オーダーでかかってくるものであり、何とかして減らしたいと思うのが人情ですよね。

こういった事情から課税に公平性が保たれるよう、相続税評価額・固定資産税評価額の大元として不動産鑑定士が作成した公示地価が用いられます。
公示地価とは年に1回公示される、全国の一律の標準値価格がまとまっているもので、土地取引の基準となります。

こうした不動産鑑定士の客観的知見に基づいた成果物のおかげで、特定の人々にだけ不当に高い税金が課税されるような事態を防ぐことが可能になるのです。